英語に特化したハイブリッド授業

英語を制するものは、大学受験を制す」と言われています。なぜ英語なのか?その理由は

① 英語の出来、成績を重視する

特に文系では、他の科目(教科)より英語の配点が高い大学がかなり多くなっています。また、その傾向は難関大学になるほど、明らかにはっきりしております。

英語の点数が重視されているため、他の科目を頑張っても、合格最低点に至らない場合が多くあります。

しかも、他科目の試験形式をあまり差がつかなくしている大学が多いです。その場合、他の科目と確実に得点差がつく英語の点数が合否を左右するということです。

② 四技能を使う複雑な学習が必要

中学から一斉に勉強し始める科目が英語です。外国語という語学は短期間では習得が難しく、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能を必要とし長文、英文法、英作文、リスニングの他に膨大な量の単語暗記があり時間がかかる非常に難しい教科です。

そのため得意な生徒が少なく、英語ができるだけで大学受験が有利になります。

② 得意になれば、安定して点が取れる

英語は小学生から基礎をしっかり定着させておれば、安定して高得点が取れる科目です。

苦手ならまったく点数が取れずボロボロになる科目でもあります。

一度習得してしまえば、学力が落ちにくい科目でもありますので、G’sでは小中一貫して英語教育に力を入れております。

G’sでは日本人によって教えることが難しい「話す」「聞く」をネイティブ外国人講師により徹底して学習します。英会話スクールだからできる、英語塾。

英文法は留学経験もあり英語が話せる教員免許取得者の日本人講師が授業を担当しております。

英語学習のハイブリッド授業で4技能を完全習得できるカリキュラムを実施しております。

 

次世代型最新eラーニング学習

集団塾、個別指導よりもICT学習(eラーニング)が良いのか、その理由とは?

① 講師の変更もなく安定した指導ができる。

パソコンによるeラーニングは講師が辞めたりし変更される事はなく、安定した指導で個人の得意・不得意科目を分析し、苦手科目は繰り返し授業を受けることが可能です。

授業料も安く時間も選べるため、無理なく生活リズムに勉強(学習)を取り入れることができます。

① 自分のあったレベルで無理なく学習できる。

集団塾にありがちな分からないのに次の単元へ進むことはなく、自分のレベルに合ったカリキュラムで、何度でも繰り返し授業が受けれます。

教科書別の定期試験対策や学力診断テストも結果がすぐに出ますので、徹底した学習管理が可能です。

① 楽しく学習ができ自立学習の習慣が付く。

学習の基本は、自ら考え、自ら学び、自ら行動することです。分からないからすぐ教える個別指導ではなく、自分自身で勉強する習慣が身につきます。

アニメーションによる対話型レクチャーなので、無理なく楽しい学習ができます。